忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/09/23 06:46 |
税務調査 10の心得
税務調査 10の心得

 税務調査は、所得税法第234条により税務職員の質問検査権を定めています。そのため納税者には受任の義務が科せられています。しかしその権限は、「・・・犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。」と定められており納税者の権利が不当に侵害されないようになっています。ですから税務職員は納税者の協力と納得を得ながら税務調査をすすめていかなければなりません。
 民商・全商連は、納税者の権利を「10の心得」としてまとめています。

  ① 自主申告は権利
  ② 相手の身分確認を
  ③ 不都合なら断りを
      突然の調査で都合が悪いときは日を改めさせることができる
  ④ 信頼できる立会人を
  ⑤ 調査理由を確かめる
  ⑥ 調査は目的の範囲に
  ⑦ 承諾なしの侵入は違法
      納税者の承諾なしに工場や店内に入ることは違法です
  ⑧ 勝手な取調べは違法
      承諾なしに引き出しを開けたりすることは違法なのできっぱり断る
  ⑨ 承諾なしの反面調査は断る
      「反面調査は客観的にみてやむを得ないと認められた場合に限っ
      て行う」 (税務運営方針)

   ⑩ 印鑑は命
      税務署員に”捺印”を求められた時、すぐ押さずよく考えてから

   
PR

2011/09/02 15:11 | Comments(0) | TrackBack(0) | ● 納税者の権利

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ふれ愛フェスタ 2011 | HOME | 納税者の権利>>
忍者ブログ[PR]