忍者ブログ
伊丹市県民税 納税相談より差し押さえ!
 昨年6月に分納の相談を行い1年間支払ってきました。
6月に今年度の市県民税の通知が来たので再度納付相談しに6月29日の金曜日に
伊丹市役所にいきました。するといきなり分納の話よりまず差し押さえすることを
言われました。びっくりして民商に相談し週明けの7月2日の月曜日に再度いきました。
窓口の人は、「『まず差し押さえ』とは言っていない。」といいながら「○○さんは私の担当している
滞納リストのワースト21」と悪質な納税者扱いをしました。そもそも納税者に対して納得し
理解してもらう努力が課税庁側にはあるのにその努力を充分果たさないで一方的に悪質な
納税者扱いをするのは問題であり、また百歩ゆずっても納税者が「まず差し押さえをして
次の話がある」と取り違えるような言い方をしたのは問題と話をしました。
しばらくのやり取りの結果、1年間の支払いのめどをつけることができました。
PR

2012/07/10 13:00 |   税金 相談&事例

<<県・市の入札に参加されている方へ | HOME | 国保・市県民税 宣伝内容>>
忍者ブログ[PR]