忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/06/21 17:20 |
伊丹商工新聞 -2017.4.17発行-第1458号

 “ 伊丹商工新聞 ”1458号 - 20170417 発行


伊丹民商での活動内容などを取り上げております。


◆ 伊丹集会 300名参加


安倍暴走政治ストップ !  戦争法廃止 !  マイナンバー制度廃止


消費税増税反対 !  社会保障改悪反対 !  国民生活守れ !


                              


◆ 伊丹民商 4月理事会


  ◎ 7月2日兵庫県知事選挙


    憲法が輝く兵庫県政をつくる会 


代表幹事 津川 ともひこ


  ◎ 伊丹民商第68回定期総会  開催日7月2日 日曜日


  ◎ 毎月定期開催 「なんでも相談会」


 


◆ 共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) とは?


 


是非ご参照下さい。



民商/民主商工会/伊丹民商/伊丹民主商工会/マイナンバー/帳簿の記帳/税務調査/申告/確定申告/消費税申告/法人税申告/開業/税金/国保/社会保険料の納付/マイナンバー、帳簿の記帳や税務調査、申告などでお困りの方、開業、税金・国保・社会保険料の納付などでお困りの方、どのようなご相談でもお気軽に伊丹民主商工会(伊丹民商)まで ご相談下さい。/知恵と勇気がわいてくる伊丹民主商工会(伊丹民商)/民商は、小企業・家族経営の営業と暮らしを支え合う、 助け合い運動に取り組む中小業者の団体です。 伊丹民商では、経験豊富な業者や事務局が知恵と工夫を凝らして 業者の立場にたって問題解決にあたっています。 マイナンバー、帳簿の記帳や税務調査、申告などでお困りの方、 開業、税金・国保・社会保険料の納付などでお困りの方、 どのようなご相談でもお気軽に 伊丹民主商工会(伊丹民商)まで ご相談下さい。 /伊丹商工新聞-第1458号-【伊丹集会 300名参加 安倍暴走政治ストップ !  戦争法廃止 !  マイナンバー制度廃止!  消費税増税反対 !  社会保障改悪反対 !  国民生活守れ !/ 伊丹民商では3月8日水曜日 にスワンホールにて「3・13重 税反対全国統一行動」を開催し ました。  消費税10%への引き上げは中 止し5%に戻せ!重税に苦しむ 中小業者の怒りがスワンホール に広がりました。当初300席 用意していたイスは全部埋ま り、立ち見がでる程、大勢の伊 丹民商会員や共闘団体が集まり 盛り上がりました。  今年は兵庫県知事選挙がある ということで「憲法が輝く兵庫 県政をつくる会」代表の津川知 久氏が来賓で参加し「7月は県 知事選挙、増税を推進する県政 をなんとしても代えたい!みな さん一緒に闘いましょう」と訴 えました。天気もなんとかもち スワンホールから伊丹税務署ま でみんなでシュプレヒコールを しながら行進しました。「消費 税の増税はやめろ!」「暴走政 治ストップ」「マイナンバーは 廃止しろ」みんなで元気にアピ ールし大盛況で今年も終わるこ とができました。   当日運営にご協力いただいた 役員の方、他団体の関係者の方 々、誠に有難うございました。/伊丹民商 4月理事会/ 4月5日水曜日に伊丹民商の 理事会が16名の参加で行われま した。最初に平成28年分確定申 告2017春の大運動のまとめ を行いました。55人の方が商工 新聞を購読され、26人の方が民 商会員となられました。チラシ の配布や宣伝カーの運行にご協 力していただいた皆さん。本当 にありがとうございました。/7月2日兵庫県知事選挙 憲法が輝く兵庫県政をつくる会 代表幹事 津川 ともひこ/ 前回、前々回は、「田中 耕 太郎」さんが善戦しました。今 回は、代表幹事の「津川 とも ひこ」さんが立候補し県民の要 求実現のために奮闘されます。 伊丹民商としても積極的に取り 組んでいきます。 /伊丹民商第68回定期総会  開催日7月2日 日曜日/ 伊丹民商の一年間の取り組み と今後の方針、役員体制を決め ます。特別講演では、経営戦略 研究科の「佐竹 隆幸」氏に来 ていただきます。/毎月定期開催 「なんでも相談会」/ 定期的に会員の方、読者の方、 一般の方を対象にして相談会を 開催します。 それに向けて宣伝カーの運行 やチラシの配布を行いますの で、ご協力お願いします。  また、この日の夜7時からは 同時に弁護士さんによる法律相 談も予約制で行っています。       (予約制1回30分)/共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) とは?/ 安倍政権は、共謀罪(テロ等 組織犯罪準備罪)を新設するた めの法案(「共謀罪」法案)の 新設を狙っています。被害がな いのに、犯罪について、話し合 い、合意したことを処罰する「共 謀罪」は、過去3度にわたり国 会に提出され、その度に国民の 大きな反対で廃案になっていま す。   「共謀」というのは、犯罪の 前の段階、まだ実行に移さない 段階で、「二人で何かやりまし ょう」と相談して、お互いに「や りましょうか?」「やりましょ う!」というだけで犯罪になる ということです。たとえば商売 仲間が集まって「節税をしまし ょう」ということで対策を考え ることも、「脱税の共謀罪」に なるとされています。   「共謀罪」法案は、憲法で保 障された思想・信条、内心の自 由を侵す法案です。そしてテロ 対策どころか、広く市民、団体 を監視し「テロ」とは全く関係 のない公職選挙法や道路交通法 まで、広く市民生活に関わる犯 罪も対象になっています。/
※上記詳細は下記小画像をクリックの上、ご参照下さい。
民商/民主商工会/伊丹民商/伊丹民主商工会/マイナンバー/帳簿の記帳/税務調査/申告/確定申告/消費税申告/法人税申告/開業/税金/国保/社会保険料の納付/マイナンバー、帳簿の記帳や税務調査、申告などでお困りの方、開業、税金・国保・社会保険料の納付などでお困りの方、どのようなご相談でもお気軽に伊丹民主商工会(伊丹民商)まで ご相談下さい。/知恵と勇気がわいてくる伊丹民主商工会(伊丹民商)/民商は、小企業・家族経営の営業と暮らしを支え合う、 助け合い運動に取り組む中小業者の団体です。 伊丹民商では、経験豊富な業者や事務局が知恵と工夫を凝らして 業者の立場にたって問題解決にあたっています。 マイナンバー、帳簿の記帳や税務調査、申告などでお困りの方、 開業、税金・国保・社会保険料の納付などでお困りの方、 どのようなご相談でもお気軽に 伊丹民主商工会(伊丹民商)まで ご相談下さい。 /伊丹商工新聞-第1458号-【伊丹集会 300名参加 安倍暴走政治ストップ !  戦争法廃止 !  マイナンバー制度廃止!  消費税増税反対 !  社会保障改悪反対 !  国民生活守れ !/ 伊丹民商では3月8日水曜日 にスワンホールにて「3・13重 税反対全国統一行動」を開催し ました。  消費税10%への引き上げは中 止し5%に戻せ!重税に苦しむ 中小業者の怒りがスワンホール に広がりました。当初300席 用意していたイスは全部埋ま り、立ち見がでる程、大勢の伊 丹民商会員や共闘団体が集まり 盛り上がりました。  今年は兵庫県知事選挙がある ということで「憲法が輝く兵庫 県政をつくる会」代表の津川知 久氏が来賓で参加し「7月は県 知事選挙、増税を推進する県政 をなんとしても代えたい!みな さん一緒に闘いましょう」と訴 えました。天気もなんとかもち スワンホールから伊丹税務署ま でみんなでシュプレヒコールを しながら行進しました。「消費 税の増税はやめろ!」「暴走政 治ストップ」「マイナンバーは 廃止しろ」みんなで元気にアピ ールし大盛況で今年も終わるこ とができました。   当日運営にご協力いただいた 役員の方、他団体の関係者の方 々、誠に有難うございました。/伊丹民商 4月理事会/ 4月5日水曜日に伊丹民商の 理事会が16名の参加で行われま した。最初に平成28年分確定申 告2017春の大運動のまとめ を行いました。55人の方が商工 新聞を購読され、26人の方が民 商会員となられました。チラシ の配布や宣伝カーの運行にご協 力していただいた皆さん。本当 にありがとうございました。/7月2日兵庫県知事選挙 憲法が輝く兵庫県政をつくる会 代表幹事 津川 ともひこ/ 前回、前々回は、「田中 耕 太郎」さんが善戦しました。今 回は、代表幹事の「津川 とも ひこ」さんが立候補し県民の要 求実現のために奮闘されます。 伊丹民商としても積極的に取り 組んでいきます。 /伊丹民商第68回定期総会  開催日7月2日 日曜日/ 伊丹民商の一年間の取り組み と今後の方針、役員体制を決め ます。特別講演では、経営戦略 研究科の「佐竹 隆幸」氏に来 ていただきます。/毎月定期開催 「なんでも相談会」/ 定期的に会員の方、読者の方、 一般の方を対象にして相談会を 開催します。 それに向けて宣伝カーの運行 やチラシの配布を行いますの で、ご協力お願いします。  また、この日の夜7時からは 同時に弁護士さんによる法律相 談も予約制で行っています。       (予約制1回30分)/共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪) とは?/ 安倍政権は、共謀罪(テロ等 組織犯罪準備罪)を新設するた めの法案(「共謀罪」法案)の 新設を狙っています。被害がな いのに、犯罪について、話し合 い、合意したことを処罰する「共 謀罪」は、過去3度にわたり国 会に提出され、その度に国民の 大きな反対で廃案になっていま す。   「共謀」というのは、犯罪の 前の段階、まだ実行に移さない 段階で、「二人で何かやりまし ょう」と相談して、お互いに「や りましょうか?」「やりましょ う!」というだけで犯罪になる ということです。たとえば商売 仲間が集まって「節税をしまし ょう」ということで対策を考え ることも、「脱税の共謀罪」に なるとされています。   「共謀罪」法案は、憲法で保 障された思想・信条、内心の自 由を侵す法案です。そしてテロ 対策どころか、広く市民、団体 を監視し「テロ」とは全く関係 のない公職選挙法や道路交通法 まで、広く市民生活に関わる犯 罪も対象になっています。/  
PR

2017/04/17 14:09 | ● 伊丹商工新聞

<<伊丹商工新聞 -2017.5.29発行-第1459号 | HOME | 伊丹商工新聞 -2017.2.27発行-第1457号>>
忍者ブログ[PR]