忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/25 03:22 |
伊丹商工新聞 -2016.10.3発行-第1448号

2016.10.3発行分の “ 伊丹商工新聞 ” です。


伊丹民商での活動内容などを取り上げております。


 


いのちと健康を守る学習交流会in淡路


那智勝浦の旅-天神川支部一泊旅行


9月議会請願の取りくみ-所得税法56条廃止へ


是非ご参照下さい。

民商/民主商工会/伊丹民商/伊丹民主商工会/マイナンバー/帳簿の記帳/税務調査/申告/確定申告/消費税申告/法人税申告/開業/税金/国保/社会保険料の納付/マイナンバー、帳簿の記帳や税務調査、申告などでお困りの方、開業、税金・国保・社会保険料の納付などでお困りの方、どのようなご相談でもお気軽に伊丹民主商工会(伊丹民商)まで ご相談下さい。/知恵と勇気がわいてくる伊丹民主商工会(伊丹民商)/民商は、小企業・家族経営の営業と暮らしを支え合う、 助け合い運動に取り組む中小業者の団体です。 伊丹民商では、経験豊富な業者や事務局が知恵と工夫を凝らして 業者の立場にたって問題解決にあたっています。 マイナンバー、帳簿の記帳や税務調査、申告などでお困りの方、 開業、税金・国保・社会保険料の納付などでお困りの方、 どのようなご相談でもお気軽に 伊丹民主商工会(伊丹民商)まで ご相談下さい。 /伊丹商工新聞-第1448号-いのちと健康を守る学習交流会in淡路/第18回いのちと健康を守る学習交流会が9月17日(土)・18 日(日)の2日間、淡路島の夢 海遊で行われました。17日は流 通科学大学准教授の二宮元先生 が社会保障について講演され、 日本の社会保障の現状と今後 を、幅広い観点から説明され、 また、少子高齢化を迎えた日本 の社会保障が今後どのようにな っていくかを述べられました。 18日の分科会では、高すぎる国 保料や介護保険料の減免申請や 高額療養費の限度額申請の手続 きなど、私たちに身近な問題も 取り上げて学習を深めることが できました。 /いのちと健康を守る学習会に参加して/   一日目は流通科学大学の二宮元 先生の社会保障について幅広い講 演を聞きました。今の日本は子供 の貧困率が非常に上がって来てい る。それは働き手の親の所得が低 いのと、母子世帯が多いのが原因 です。最初のアンケート調査でも、 国民が今一番関心の有るのは、社 会保障の充実という数字が出てい ます。ヨーロッパの様な福祉国家 に少しでも近づく様な政策をみん なが望んでいます。将来、誰でも 平等に、社会保障が受けられる国 に、又戦争をする国にならない様 に、みんなで運動を続けていかな ければなりません。  二日目は国保や介護保険、年金 医療費等について、今まで知らな かった事を学習する事が出来まし た。詳しい内容のハンドブックを 頂きましたので、これを参考にし て民商みんなで学習したらいいか と思います。  最後に垂水民商から毎年大勢の 会員さんが集団検診や大腸がん検 診を受けている報告がありまし た。伊丹は特に受診率が低いので 皆さんも年に一回は是非検査を受 けて、安心して商売が続けられる 様にお互いに声を掛け合っていき たいです。そして、命の大切さ健 康の有難さを実感しましょう。/那智勝浦の旅-天神川支部一泊旅行/9月11日(日)12日(月)と天神 川支部では、「那智勝浦のたび」 の一泊旅行に取り組みました。 参加者は18名といつもより少な かったですが、その分お互いが よく知り合え、親睦を深めるこ とができました。  一日目は、すさみ温泉で昼食 をとり、太地のくじら博物館で くじらショーやイルカショーを 堪能しました。夜の宴会では、 シマアジやタイ、ヒラメをみん なの前でさばき、造りやにぎり をつくってもらったり、天ぷら を揚げたりで盛り沢山でした。 料理ばかりではなく、ダーツゲ ームや魚釣りゲーム、ピンポン ゲーム、カラオケで大盛り上が りでした。最後には、「星影の ワルツ」輪になって歌い終了し ました。  二日目は、那智の滝を見に行 きました。落差133m、銚子 口の幅13mと大変迫力がありま した。そのすぐ近くにある青岸 渡寺は、西国三十三箇所巡りの 一番札所です。階段は470段 ほどあり、もう大変でした。そ の後熊野大宮大社のおとずれ、 少し遅めの昼食を白浜のとれと れ市場で食べました。  なんとか無事に予定通り午後 6時に伊丹に戻ることができま した。  楽しい旅行ありがとうござい ます。役員のみなさん本当にご くろうさまでした。/9月議会請願の取りくみ-所得税法56条廃止へ/所得税法56条廃止に向けて伊 丹民商婦人部では9月の議会に 向けて、8月23日・25日・30日 の三回に渡り、伊丹市議会議員 団の各会派回りを実施しまし た。  会派回りを実施する前に、事 前に共産党議員団に面会し、請 願行動の協力をお願いに伺いま した。その際に「今までのよう な請願活動では伊丹で可決され るのは難しい。所得税法56条に 関係するような、他団体にも協 力をお願いする活動を新たに取 り入れてみてもいいかも。伊丹 商工会議所にも行ってみては? 」と助言を頂き、伊丹商工会議 所に訪問しました。事務局長と 経営支援課課長が出てこられ、 56条廃止の活動についてお話し しました。しかし先方の返答は とても残念なもので、今後の協 力も見込めないとのことでし た。  会派回りをする中で、請願書 と56条パンフレット、働き分を 経費に!のチラシだけでは説得 にかけると思い、取り急ぎ「男 女共同参画と56条の関係に関す るチラシ」を新たに作成。追加 資料として各会派にお渡しして 回りました。伊丹独自のチラシ を見て、「会派内の8割賛成が ないと紹介議員にはなれない が、今後もよく検討し賛成を考 えたい」という前向きな返答を 言われた会派もありました。9 月2日に請願を提出してきまし た。可決されるまで戦い続けた いと思います。
※上記詳細は下記小画像をクリックの上、ご参照下さい。
民商/民主商工会/伊丹民商/伊丹民主商工会/マイナンバー/帳簿の記帳/税務調査/申告/確定申告/消費税申告/法人税申告/開業/税金/国保/社会保険料の納付/マイナンバー、帳簿の記帳や税務調査、申告などでお困りの方、開業、税金・国保・社会保険料の納付などでお困りの方、どのようなご相談でもお気軽に伊丹民主商工会(伊丹民商)まで ご相談下さい。/知恵と勇気がわいてくる伊丹民主商工会(伊丹民商)/民商は、小企業・家族経営の営業と暮らしを支え合う、 助け合い運動に取り組む中小業者の団体です。 伊丹民商では、経験豊富な業者や事務局が知恵と工夫を凝らして 業者の立場にたって問題解決にあたっています。 マイナンバー、帳簿の記帳や税務調査、申告などでお困りの方、 開業、税金・国保・社会保険料の納付などでお困りの方、 どのようなご相談でもお気軽に 伊丹民主商工会(伊丹民商)まで ご相談下さい。 /伊丹商工新聞-第1448号-いのちと健康を守る学習交流会in淡路/第18回いのちと健康を守る学習交流会が9月17日(土)・18 日(日)の2日間、淡路島の夢 海遊で行われました。17日は流 通科学大学准教授の二宮元先生 が社会保障について講演され、 日本の社会保障の現状と今後 を、幅広い観点から説明され、 また、少子高齢化を迎えた日本 の社会保障が今後どのようにな っていくかを述べられました。 18日の分科会では、高すぎる国 保料や介護保険料の減免申請や 高額療養費の限度額申請の手続 きなど、私たちに身近な問題も 取り上げて学習を深めることが できました。 /いのちと健康を守る学習会に参加して/   一日目は流通科学大学の二宮元 先生の社会保障について幅広い講 演を聞きました。今の日本は子供 の貧困率が非常に上がって来てい る。それは働き手の親の所得が低 いのと、母子世帯が多いのが原因 です。最初のアンケート調査でも、 国民が今一番関心の有るのは、社 会保障の充実という数字が出てい ます。ヨーロッパの様な福祉国家 に少しでも近づく様な政策をみん なが望んでいます。将来、誰でも 平等に、社会保障が受けられる国 に、又戦争をする国にならない様 に、みんなで運動を続けていかな ければなりません。  二日目は国保や介護保険、年金 医療費等について、今まで知らな かった事を学習する事が出来まし た。詳しい内容のハンドブックを 頂きましたので、これを参考にし て民商みんなで学習したらいいか と思います。  最後に垂水民商から毎年大勢の 会員さんが集団検診や大腸がん検 診を受けている報告がありまし た。伊丹は特に受診率が低いので 皆さんも年に一回は是非検査を受 けて、安心して商売が続けられる 様にお互いに声を掛け合っていき たいです。そして、命の大切さ健 康の有難さを実感しましょう。/那智勝浦の旅-天神川支部一泊旅行/9月11日(日)12日(月)と天神 川支部では、「那智勝浦のたび」 の一泊旅行に取り組みました。 参加者は18名といつもより少な かったですが、その分お互いが よく知り合え、親睦を深めるこ とができました。  一日目は、すさみ温泉で昼食 をとり、太地のくじら博物館で くじらショーやイルカショーを 堪能しました。夜の宴会では、 シマアジやタイ、ヒラメをみん なの前でさばき、造りやにぎり をつくってもらったり、天ぷら を揚げたりで盛り沢山でした。 料理ばかりではなく、ダーツゲ ームや魚釣りゲーム、ピンポン ゲーム、カラオケで大盛り上が りでした。最後には、「星影の ワルツ」輪になって歌い終了し ました。  二日目は、那智の滝を見に行 きました。落差133m、銚子 口の幅13mと大変迫力がありま した。そのすぐ近くにある青岸 渡寺は、西国三十三箇所巡りの 一番札所です。階段は470段 ほどあり、もう大変でした。そ の後熊野大宮大社のおとずれ、 少し遅めの昼食を白浜のとれと れ市場で食べました。  なんとか無事に予定通り午後 6時に伊丹に戻ることができま した。  楽しい旅行ありがとうござい ます。役員のみなさん本当にご くろうさまでした。/9月議会請願の取りくみ-所得税法56条廃止へ/所得税法56条廃止に向けて伊 丹民商婦人部では9月の議会に 向けて、8月23日・25日・30日 の三回に渡り、伊丹市議会議員 団の各会派回りを実施しまし た。  会派回りを実施する前に、事 前に共産党議員団に面会し、請 願行動の協力をお願いに伺いま した。その際に「今までのよう な請願活動では伊丹で可決され るのは難しい。所得税法56条に 関係するような、他団体にも協 力をお願いする活動を新たに取 り入れてみてもいいかも。伊丹 商工会議所にも行ってみては? 」と助言を頂き、伊丹商工会議 所に訪問しました。事務局長と 経営支援課課長が出てこられ、 56条廃止の活動についてお話し しました。しかし先方の返答は とても残念なもので、今後の協 力も見込めないとのことでし た。  会派回りをする中で、請願書 と56条パンフレット、働き分を 経費に!のチラシだけでは説得 にかけると思い、取り急ぎ「男 女共同参画と56条の関係に関す るチラシ」を新たに作成。追加 資料として各会派にお渡しして 回りました。伊丹独自のチラシ を見て、「会派内の8割賛成が ないと紹介議員にはなれない が、今後もよく検討し賛成を考 えたい」という前向きな返答を 言われた会派もありました。9 月2日に請願を提出してきまし た。可決されるまで戦い続けた いと思います。

PR

2016/10/03 09:50 | ● 伊丹商工新聞

<<伊丹商工新聞 -2016.10.17発行-第1449号 | HOME | 伊丹商工新聞 -2016.9.12発行-第1447号>>
忍者ブログ[PR]